SCROLL

CASE STUDY

「ピオセラン」はポリスチレンとポリオレフィンの特性を高い次元で併せ持つユニークな発泡樹脂です。 開発以来半世紀、そのユニークな特長はお客様のニーズと積水化成品の技術力が相まって、従来では思いもつかなかった活躍フィールドへと拡がっています。

ここでは特に今「ピオセラン」が活躍しているフィールドについてご紹介していきます。

CASE: 自動車産業向け部材

低燃費、軽量化、安全性能、低環境負荷……。常にあらゆる性能に最高水準を求め続けられる現代のクルマは、テクノロジーイノベーションの最前線です。

「ピオセラン」は自動車産業分野において、車両の内部構成部材として国内主要メーカー8社全てに採用されています。

「ピオセラン」は2001年以来、
国内自動車メーカーでの採用を急速に拡大してきました。

そして、2006年以降には日本の主要自動車メーカー8社すべてで
「ピオセラン」が採用されています。

そして2010年以降
世界中のメーカーでも採用や導入検討が進んでいます。

バンパー芯材や下肢部衝撃吸収材などの衝突安全用途や、スペアタイヤスペーサーやフロアスペーサーなどの振動吸収用途、ステアリングコラムカバーやカップホルダー芯材などのインテリア造形用途など、今や使用箇所は様々です。 「ピオセラン」のどのような特性が活かされているのかご紹介していきます。

高耐衝撃性

発泡ポリプロピレンに対して同じ発泡倍率で比較した場合、1.2倍の耐衝撃性を発揮する「ピオセラン」は、クルマにおいて何よりも大事な衝突安全性能に寄与。

また振動吸収にも活かされています。

寸法安定性

複雑な形状かつ、ジャストフィットの成形精度

何万点という部品の集合体であるクルマにおいて、部品同士のクリアランス精度は重要です。

「ピオセラン」は成形時の寸法安定性に優れ、複雑なデザインにも対応できるため、所定の場所にピッタリ収まる部材を提供しています。

ピッタリ収まり衝撃も吸収するので、走行時のビビリ音・きしみ音などの低減にも一役買っています。

高耐薬品・耐油性

鉄、アルミ、ガラス、プラスチック、カーボンファイバー、レザー、ファブリック、ゴムとあらゆる素材を組み合わせて作り上げられるクルマにおいて、周辺部品同士の耐薬品・耐油性は超耐久商材としての性能維持のために重要な項目です。

「ピオセラン」の高い耐薬品・耐油性により周辺部品からの影響を受けず長期にわたり性能を維持できます。

軽量化

安全性能や走行性能、快適性の充実と低燃費化の両立は、車両重量の観点から見て相反する要件です。そのため現代のクルマ開発は1グラムの重量を削る事に腐心しています。

「ピオセラン」は従来のポリプロピレンを使用した成形品と同じ剛性の成形品を作る場合、使用する材料はポリプロピレンより少なくて済みます。つまり、より少ない材料で同じ要求性能の部材を作れるということであり、軽量化に寄与します。

高効率な供給態勢

「ピオセラン」は積水化成品独自のポリマーハイブリッド技術で生産されますが、汎用設備で成形・加工できることも特長です。

先の軽量化効果に加え積水化成品が世界中に展開する生産拠点の内、お客様に最も近い拠点からお届けすることにより高効率な供給態勢を構築。材料費と物流コスト、時間コストを低く抑えています。

CASE: ハイテク製品産業向け梱包材

ハイテク製品の中でも目まぐるしい進化を続けている映像パネル。 ブラウン管時代は立方体でしたが、現代においては「割れやすく・薄くて大きな板」と言っても過言ではありません。

家電やIT製品は完成品も、それを構成する部品も、精密でデリケートな物ばかりです。 「ピオセラン」は世界的にますます大型化が進む薄型テレビの緩衝梱包材としてや、液晶パネルの部材搬送ボックスなどの用途に多く活用されています。 また大手家電・ITメーカーの梱包材としても多く採用されています。

従来の梱包材に比べて薄肉化・高倍発泡化が可能になり、コストダウンと梱包サイズのスリム化による輸送効率の向上に大きく貢献します。 そして省資源化と軽量化により、環境保全にも貢献できます。 「ピオセラン」のどのような特性が活かされているのかご紹介していきます。

様々なIT 製品・精密部品の梱包材として採用されるピオセラン

「ピオセラン」を使用した成形品である「自動車部品輸送用梱包材」と「薄型テレビガラス・パネル輸送容器」を積水化成品グループでは 「サスティナブル・スタープロダクト」(環境貢献製品) ※として認定しています。

※ サスティナブル・スタープロダクト:

積水化成品グループ(SKG)が掲げる「持続可能社会への貢献」を実現するためのアクションプラン 「SKG-5R」 の一環として策定された認定基準。 環境負荷低減や限りある資源に配慮した製品を「サスティナブル・プロダクト」(環境対応製品)に、中でも特に環境への貢献度が高い製品を 「サスティナブル・スタープロダクト」(環境貢献製品) に社内認定し、その創出と市場拡大を推進しています。

高耐衝撃性

今や世界中の物流に乗る薄型テレビや映像パネル部材ですが、その輸送工程では洋上の悪天候による輸送船の揺れや、地域の道路事情による激しい振動など、輸送時破損の可能性が随所にあります。

発泡ポリプロピレンに対して同じ発泡倍率で比較した場合、1.2倍の耐衝撃性を発揮する「ピオセラン」は、輸送中の衝撃から内部の製品や部材を強固に保護し破損を防いでいます。

高剛性と寸法安定性

一度に沢山の数を輸送できることは物流において重要事項です。

「ピオセラン」の高剛性と寸法安定性を組み合わせることによって、従来の梱包材より薄肉化しつつ剛性を維持したデザインが可能となり、搬送ボックスのサイズダウンを実現できます。その結果一度に輸送できる数が増え、輸送コストダウンや効率的な物流に寄与しています。

またパネルの大型化に伴い起こるたわみに対して、ポリプロピレンの場合剛性不足により底打ちが起こってしまいますが、高剛性な「ピオセラン」ではこれを回避した設計の搬送ボックスなども提供しています。

軽量化

壊れやすい物を安全に運ぼうとすると、緩衝材や梱包材は密度を増し、厚みを増し、重量を増していくことになります。結果的にそれらは輸送コストの増加に繋がっていきます。

「ピオセラン」は従来のポリプロピレンを使用した成形品と同じ剛性の成形品を作る場合、使用する材料はポリプロピレンより少なくて済みます。つまり、より少ない材料で同じ要求性能の部材を作れるということであり、軽量化に寄与します。

高効率な供給態勢

「ピオセラン」は積水化成品独自のポリマーハイブリッド技術で生産されますが、汎用設備で成形・加工できることも特長です。

先の軽量化効果に加え積水化成品が世界中に展開する生産拠点の内、お客様に最も近い拠点からお届けすることにより高効率な供給態勢を構築。材料費と物流コスト、時間コストを低く抑えています。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

Language: